米国バリュー株投資ならVTVよりもVYMを選ぶべきか

ほえほえ^~、どうも、米国高配当ETF投資家のほえタコです。今日は小ネタ回です。

結論から述べると、VTV(バンガード 米国バリューETF)よりもVYM(バンガード 米国高配当株式ETF)のほうがバリュー度が高いんじゃないの?というお話です。

モーニングスター社のサイトでは自社の独自基準(Morningstar Style Box)を用いて、ETFにグロース株やバリュー株がどのくらいの比率で含まれているかを公開しています。

さっそくモーニングスター社のページでVTVとVYMの情報を調べてみると、次のようになりました。

ティッカーバリューブレンドグロース
VTV592715
VYM59365

(ソース※2019年1月16日時点)

表中の「ブレンド」はグロースとバリューの中間を指します。

VTV(バンガード 米国バリューETF)にどうしてグロース銘柄が15もあるの?と感ずるところではありますが、あくまでモーニングスター社の独自基準に基づくものです。

例えば実績PERが低くても来期の業績予想が悪ければ割高銘柄になり得ます。指数組み入れ後の株価変動でも割安ー割高は流動的に変わるものです。

少なくとも僅差ではあるものの、VYMのほうがバリューに近いかなといった印象です。

別の指標も見てみましょう。

ティッカー予想PERPCFRPBR配当利回り
VTV12.308.931.972.90
VYM11.9210.022.263.54

(参考)

  • PER(株価収益率)= 株価÷1株あたり純利益(EPS)
  • PCFR(株価キャッシュフロー倍率)= 株価÷1株あたりキャッシュフロー
  • PBR(株価純資産倍率)= 株価÷1株あたり純資産(BPS)

上記いずれも値の小さい方が指標上は割安とされます。

比較の難しいところですが、予想PERではVYMが割安、PBRではVTVが割安ですね。

設備投資を積極的におこなう企業に高配当銘柄は少ないためか、減価償却費が加味されるPCFRではVTVの方がバリューです。

過去12年間の比較チャートです。(配当金再投資込み)

年平均成長率はVYMが6.73%で、VTVの5.86%をアウトパフォームしています。

標準偏差(価格変動リスク)もVYMの方が低く、シャープ・レシオやソルティノレシオでもVYMの方が勝っています。

(参考)VYM vs VTV – Backtest Portfolio(PORTFOLIO VISUALIZER)

もっともこれはあくまでバックテストによるものですから、将来的にどちらが勝つかは分かりません。

ただ、VYM(高配当選別)は米国バリュー株投資の戦略として有力である、とは言えそうですね。

PERやPBR等の指標でも、VYMは同じ高配当系ETFのHDV(iシェアーズコア米国高配当株ETF)よりもバリュー寄りです。VTVと比較しても遜色ないバリューです。

VYMは配当利回りが高い分、VTVよりも税金によるロスが大きいとの意見もありますが、長期的な忍耐を試されるバリュー投資ではVYMによって得られるインカムは心の支えとなるでしょう。

最終的には両者の構成銘柄を比較して(例えばVTVにはバークシャーハサウェイが入っています)長期的に持ちたいと思える方を選択するのが一番良いと思います。

それでは明日も頑張っていきましょう。たこたこ^~