SBI証券で米国ETFの「経費率」情報が一部不正確な問題について

ほえほえ^~、どうも、ほえタコです!

ほえタコがメインで使っているのはSBI証券で、ポートフォリオの100%を占めているHDV(iシェアーズ・コア米国高配当株ETF)についてもSBI証券のNISA口座に入れています。

で、ふつうに使う分にはまったく問題ないのですが「SBI証券で米国ETFの《経費率情報》が一部正確でない」ことに気づきました。間違っている、というよりかは各ETFの経費率改定に反映がまだ追いついていない感じです。

2018年12月7日現在の米国ETFの経費率について、SBI証券の情報と実際が違っているものについて、こちらが把握しているものを下記にまとめてみました。

ティカー銘柄名SBI証券記載の経費率実際の経費率(%)
SPTMSPDR PF 米国トータル ストック0.040.03
SPLGSPDR PF 米国大型株式0.040.03
SPMDSPDR PF 米国中型株式0.060.05
SPSMSPDR PF 米国小型株式0.060.05
SPYDSPDR PF S&P 500高配当株式0.080.07
SPYGSPDR PF S&P 500グロース株式0.060.04
SPYVSPDR PF S&P 500バリュー株式0.060.04
SPDWSPDR PF先進国株式(除く米国)0.340.04
SPEMSPDR PF 新興国株式0.590.11
SPABSPDR PF 米国総合債券0.050.04
SPSBSPDR PF米国短期社債0.080.07
SPIBSPDR PF 米国中期社債0.080.07
SPLBSPDR PF 米国長期社債0.080.07
SPTSSPDR PF 米国短期国債0.070.06
SPTLSPDR PF 米国長期国債0.070.06
BWXSPDR BBバークレイズ世界国債除米0.500.35
EBNDSPDR BBバークレイズ 新興国債券0.410.40
TOTLSPDRダブルトータルリターンタクティカル0.550.65
GALSPDR SSGA グローバル アロケーション0.090.35
INKMSPDR SSGA インカム アロケーション0.390.50
RLYSPDR SSGAマルチアセットリアルリターン0.220.50
DIASPDR ダウ工業株平均0.150.17

※2018年12月7日現在の経費率情報

バンガード社にしてもステート・ストリート社にしても、ETFの経費率はちょくちょく改定しています。

SBI証券記載の経費率情報が古いものであると仮定するならば、ステート・ストリートの主力である「SPDRポートフォリオ・シリーズ」(SPDR PF)は軒並み経費率を下げたことになります。ETFの価格競争は非常に激しく、経費率0.03%となってくると「これ以上下げられるか!」って感じですね。

バンガードのETFと比較しても引けを取らない、場合によってはそれ以上の低コストを実現しています。

日本ではバンガードETFの方が人気のある印象ですが、これから投資をされる方であればSPDRシリーズも十分検討に値すると思います。

もちろん、すでにバンガードETFホルダーの人はわざわざ乗り換える必要はないです。どのみち長期保有していれば、経費率は上がることも下がることもあります。

価格競争といっても各社主力ETFの経費率は誤差レベルの違いしかなく、パフォーマンスに与えうる影響もほとんど無きに等しいでしょう。

それより下手な売買コストの方が高くつきます。

さておき、米国株投資ブログをいくつか拝見すると、SBI証券の経費率情報をそのまま持ってきているだろう記事も見受けられます。

しかし今回ご紹介したように「証券会社の銘柄情報は必ずしも正しくない(最新ではない)」ケースがあるため注意が必要です。

ブログでETFの考察記事等を書く場合には、兎にも角にも公式サイトの情報を確認するのが一番です。

SPDR Exchange Traded Funds, ETFs | SSGA SPDRS
ETF (Exchange Traded Funds) resources from SSGA, a global leader in investment management.

上のステート・ストリートの公式サイトでは、上場しているすべてのSPDR ETFの最新情報を調べることができます。

ETFs - exchange traded funds - What are ETFs? | Vanguard

バンガードはこちら

Exchange-Traded Funds (ETFs) | iShares US - BlackRock
iShares by BlackRock, the largest provider of exchange-traded-funds (ETFs) in the world, provides exposure to various asset classes. Discover how.

ブラックロック社の iシェアーズETFはこちらです。

いずれも検索窓にティッカーを入れると、個別銘柄情報へのリンクが出てきます。

この3社の公式サイトを知っておけば、ほとんどの米国ETFはカバーできるでしょう。

以上、「SPDRシリーズETFの経費率が激安でびっくり!」という紹介を兼ねた記事でした。

それでは明日も頑張っていきましょう。たこたこ^~