エコノミック・モート企業への投資は市場平均に勝てるのだろうか

ほえほえ^~、どうも、ほえタコです。

ほえタコはポートフォリオの100%をHDV(iシェアーズコア米国高配当株ETF)で運用しています。

HDVはちょっと面白いETFで、構成銘柄の選定基準に「エコノミック・モート」(Economic Moat)なるものがあります。

エコノミック・モートとは、競合他社に対して優位に立てる経済上の堀(モート)を指します。もっと簡単に言えば、競争優位性です。

それでこのエコノミック・モートには明確な基準があるわけではなくて、モーニングスター社が独自の判断基準を用いて各企業を評価しています。

その判断基準としておそらく最もわかりやすいのが「ネットワーク効果」です。

例えばマイクロソフト(MSFT)はモーニングスター社のレーティングでは5段階評価のうち星4評価のワイドモート(広い堀)企業です。ワイドモートというのは、つまりは圧倒的競争優位性がある!と評価されているということです。

マイクロソフト社のソフトウェアであるWordとExcelは、まさに「ネットワーク効果」によりその価値を存続させていると言えます。原稿作成機能だけで言えば、Wordよりもジャストシステム社の《一太郎》の方がずっと高機能でいろいろなことができます。

しかし(同人小説書きを除く)ほとんどの人たちが一太郎ではなくてWordを選ぶのは「みんなが使っているから」です。職場でデーターをやり取りするとき、WordやExcelを使うのが標準となっています。

機能性云々以前に、みんなが使っているものを使うのが、もっとも便利である。より多くの人が使えば使うほど利便性が増す。人気者がますます人気者になるように、ネットワークのコアを獲得した製品は競合に対して圧倒的な優位に立つ。これがネットワーク効果です。

アドビ(ADBE)がCreative Cloudで個人デザイナーから月5千円もぼったくれるのも、IllustratorやPhotoshopが現場では圧倒的なシェアを獲得しており、これがないと仕事ができないからです。

ネットワークへの参加者が増えることによって、その製品の効用が増大する。ソフトウェア以外ですと、TwitterやFacebookなどのSNS、それからLINEなどのメッセンジャーアプリが典型例ですね。

LINEの後追いでいろんなメッセンジャーアプリが出てきていますが、結局はLINEの一強です。みんながすでにLINEを使っている(ネットワークが形成されている)からこそ、LINEに大きな価値が生まれ、その優位性は簡単なことでは決して揺らがないわけです。

世界最大のオークションサイトであるeBay(EBAY)を倒そうとアマゾンがオークション事業に進展し攻勢をかけた時期もありましたが、結局eBayには敵わず撤退しました。ネットワーク効果によって築かれた強固な顧客基盤は、アマゾンをも退けてしまうわけです。

まさに競合から自社を守る強固な《堀》であると言えます。

とはいえ国内最強のオークションサイトだったヤフオクが後発のメルカリにユーザーをかっさらわれた例を思えば、ネットワーク効果も無敵ではないようですね。

モーニングスター社の認める「エコノミック・モート」の銘柄一覧は、下記で公開されています。

Morningstar Wide-Moat Focus Index | Morningstar
See cheap stocks with a sustainable competitive advantage that Morningstar is currently tracking in our Wide-Moat Focus Index. Start a 14-day free trial to Morn...

上ページのとおり“Morningstar Wide Moat Focus Index”なる指数があり、これに連動するETFとしてヴァンエック ベクトルMSワイドモートETF(MOAT) なるETFがあります。経費率は0.48%と高いですが、SBI証券に取り扱いがあります。

2019年1月時点の”Morningstar Wide Moat Focus Index”主要49銘柄をリストアップします。

ティッカー銘柄名
SBUXStarbucks Corp
INTCIntel Corp
DDominion Energy Inc
DISWalt Disney Co/The
GISGeneral Mills Inc
MDTMedtronic Plc
CRMSalesforce.Com Inc
JLLJones Lang Lasalle Inc
MCHPMicrochip Technology Inc
MDLZMondelez International Inc
CMCSAComcast Corp
KLACKla-Tencor Corp
WUWestern Union Co/The
BLKBlackrock Inc
WFCWells Fargo & Co
BIIBBiogen Inc
TROWT Rowe Price Group Inc
AMATApplied Materials Inc
SCHWCharles Schwab Corp/The
GILDGilead Sciences Inc
ABCAmerisourcebergen Corp
MCKMckesson Corp
FBFacebook Inc
STTState Street Corp
ZBHZimmer Biomet Holdings Inc
AMZNAmazon.Com Inc
CPBCampbell Soup Co
CAHCardinal Health Inc
PMPhilip Morris International Inc
AGNAllergan Plc
CMPCompass Minerals International Inc
MCDMcdonald’s Corp
PGProcter & Gamble Co
HSYHershey Co
PFEPfizer Inc
PEPPepsico Inc
CATCaterpillar Inc
NOWServicenow Inc
EMREmerson Electric Co
BMYBristol-Myers Squibb Co
EFXEquifax Inc
MSFTMicrosoft Corp
BLKBBlackbaud Inc
KKellogg Co
GWREGuidewire Software Inc
PIIPolaris Industries Inc
UTXUnited Technologies Corp
JW/AJohn Wiley & Sons Inc
GDGeneral Dynamics Corp

表中で太字&黄色マーカーを引いた箇所が「HDVとの重複銘柄」です。

すなわち高配当かつ財務健全かつモーニングスター社の評価するワイド・モート企業であるということになります。

MOATとHDVの銘柄は意外と重複が少ないですね。

  • HDV = エコノミック・モート(経済上の堀)
  • MOAT = ワイド・モート(経済上の《広い》堀)

なのでおそらく《堀》の評価基準はMOATの方が厳しいのでしょう。

チャート:MOAT vs VOO – Yahoo Finance

MOAT(モーニングスターワイドモートETF)とS&P500の比較チャートです。

MOAT設定来(2012年)からの年間成長率は、配当金再投資を加味した場合でMOATが+12.38%、S&P500が+12.12%とほとんどパフォーマンスに差がありませんでした。

過去6年間の成績から導き出される残酷な結論としては

競争優位性を誇るワイドモート企業に厳選して投資をしても、市場平均(S&P500)に投資するのと大して差がつかない。

少なくとも過去6年間の短期間ではそうであった――、ということです。

ああ……これはアクティブファンドが市場平均に勝てないわけだわ……とちょっとため息をついてしまいたくなる結果です。

私はHDV(iシェアーズコア米国高配当株ETF)に全力投資をしているわけですが、HDVのスクリーニング基準である《エコノミック・モート》には過度な期待はしないようにしようと思いました。まあ安定して分配金を出し続けてくれさえすれば、それで満足です。

ちょっと話が脱線しすぎたのでこの辺で。

明日も頑張っていきましょう。たこたこ^~